Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

知覚


早速のアドバイスをありがとうございます。(新しいブログへのログインが分からなくて…記事は読めます。こちらから失礼します。)

そうですね、神を選ばない自由もありますね。

私は父が逝くことに異存はないのですが、嚥下障害や手術は、神のパーフェクトな現れである父が経験する必要はなく、私が、自分や父のパーフェクトを見ることが出来れば、神の動きに沿っていない病は消えてしかるべきだと。

ただ、視点を神に譲ることが出来ないので、以前ラジが言っていたように、ラジの話が〈絵に描いた餅〉になってしまうのです。


+++++++++++++++++++++++++++++


<視点を神に譲ることが出来ないので、

神の視点に譲る(自分を神に譲る)とはどういう事でしょうか?

それは自分の知覚や認識を信じるのではなく、
お医者さんが言ったこと(医学)をもとに未来を心配するのではなく、
人の体を見て、その状態からその人の真実を見ようとすることでもありません。

それは(神の視点に譲ることとは)あなたが何も決めておらず、あなたが何も知っていない場所(あなたが何も知ってない状態)です。
そこであなたは「人が病にかかっている」と知っていません。 お医者さんが何を言ったかあなたは知りません。
ラジが何を言っていたか、あるいは、このウェブに何が書いてあったか、あなたはそれも知っていません。

そこであなたが受け取るのは「神が実在しており、神があなたを愛している。そして神はあなたの全ての同胞を愛している。」ということだけです。
それを聞いて、あなたは安心するのです。それを聞いて、あなたは心配しなくなるのです。


神は「ステージ3の癌だから‥、 場所が喉と食道の境目だから‥、この歳だから‥、場所が場所だけに‥」とは言いません。
神は「あなたを愛しています」と言っており、その以外のことは言っていないのです。
だから「ステージ3の癌だから‥、 場所が喉と食道の境目だから‥、この歳だから‥、場所が場所だけに‥」と誰かが言っていたなら、
あなたの視点を私に戻して下さい。 

あなたに言われていることを全てそのまま信じ込まないでください。 「これは神を言い表してはいない」とわかったなら、あなたはそれを(何らかの権威があなたに対して言ったことを)を信じるべきではないのです。

お医者さんが言っていたことを信じているなら、あなたは神を信じていません。あなたは医学を信じているのです。
人の体の様子(見えるさま、聞こえるさま)だけを信じているなら、あなたは神を信じてはいません。 あなたは自分の知覚を信じているのです。

身体と世界

「フリフリしっぽ」さんからのメール/コメント

お久しぶりです。
私は相変わらずぱっとしない日々です。
更に今、困っています。80過ぎの父がステージ3の癌になりました。癌は良いのですが、場所が喉と食道の境目で、放射線治療ができるか分からないと言われています。
この歳で声帯切除を含む手術は避けたいので、重粒子線療法の相談はする予定ですが、場所が場所だけにできるとは限らないと言われています…。

進行が早い気がしています。嚥下障害になっています。
真理を聞いても私にはさっぱりお手上げです。何かアドバイスを頂けますでしょうか…。

+++++++++++++++++++++++


人がたとえ死んだとしても、その人は居なく成りません。

しかし、人の命は限定されているように見えており(人は100年位しか生きられないと思われており)、
人の殆ど全ての約束事/思考/体験が、その考え(人は永遠ではない/人は神の子ではない、という考え)に基づいて展開されています。
人がこのような状態に対して異を唱えようとすると、ある程度の反発(場合によっては大きな反発)を周囲から受けることがあります。
それを理解しているので多くの人達は押し黙ってしまうのです(「私は神と一体であり、故に私は永遠であり、それはあなたも同じです」と言えないのです)。

 

人には常に「神を選択する自由」があるのです。 すなわち「神を選択しない自由」をそれぞれの人達が有しています。
だから人に出来ることは「自分の選択をすること」であって、自分以外の人の選択をすることは不可能です。
何故なら、人は常に「神/生命を選択する自由」を持っており、したがって人は(それぞれの人は)「神/生命を選択しない自由」も持っているのだから。


聖書の中に描かれているイエスは沢山の人々を癒し続けました。
そしてイエスによって癒されなかった人々に対してイエスは「それはあなた達が邪だからです」と言った、とされています。
「それはあなた達が自分達の思考/習慣/知覚を手放せなかったからです」
そこには(あなたの中に)精霊が流入して来る余裕が無いのです。


レントゲンやMRIやDNAなどは、全て結果であって、原因(源)ではありません。
体は結果であって、体があなたの原因(源)ではないように。

 

身体

体は、結果であって、原因(源)ではない

体はあなたの状況を指し表しているものであって、 体はあなたの根源ではない

身体は「遺伝を受け継いで、親の体から生まれ、成長し、衰退していくもの」と見られています

そして「身体以外のものは体ではない」と思われています

 

 

 

(あなたには)二つの状況が見えています

一つは「分離した数々の身体」

もう一つは「繋がった波(光)の様な状態」

 

 

基本的に体の目と通して見えるのは「分離した身体」

目を閉じて(知覚機関を遮断して)見えるものが「光の体」

そして永遠は無くならない(永遠の光は燃え尽きることがない)

対話 ひな鳥

対話

Q 
ごめん。 いろいろと話してくれたけれど、何も書き出せてはいないよ。

 

A
「あなたと私が通じ合っていること」がまず一番大切。 その次に大切なのは、あなたが私を表現する(あなたが私を体現する)こと。
急がずに、一行ずつ書いて行きなさい。
アイディアとしては全てが一瞬の内に訪れるので、あなたは一行ずつ書き続けることを面倒くさいと感じてしまう。
全く同じ事を繰り返している(全く同じ事を尋ね続け、全く同じ答えを受け取り続けている)ようでも、それでも真新しいことが常に起こっており、それはおのずと明らかに成ります(「あなたと私がひとつであって、あなたと私が新しく成り続けていること」が自然と現れて行きます)。

 

ひな鳥の話を聞いたことがあるでしょう。
ひな鳥は自分でエサを取ろうとはせずに、親鳥のくちばしばかりを見ています。
しかしひな鳥が大きく成ったなら、親鳥はもうひな鳥にエサをあまり与えなく成ります。
ひな鳥は、やはり親鳥のくちばしばかりを見続けてしまうかもしれません。
それでも最終的にひな鳥も成長し、自身でエサを得るように成るのです。

さて、このひな鳥をあなたとしましょう。
そして「神に関してあなたに教えてくれていた人」を親鳥とします。
その場合「エサ」はインスピレーション(霊の流入/啓示)です。

 

親鳥がインスピレーションをあなたにもたらしてくれた。
啓示を表明しても構わないのだと、親鳥があなたに示してくれた。
そしてあなたは親鳥に感謝した。
しかしあなたがひな鳥で在り続けていては、ギフトは広がらない。

(何故なら、彼は親鳥ではなく、あなたはひな鳥ではなく、彼とあなたは兄弟なのだから。あなた達は等しく神の子供達なのだから。

 

あなたは自身でインスピレーション(霊の流入)を受け取り、それを自身で表明しなくてはならない。
私はあなたをその方向に揺り動かすのです。 たとえそれが居心地悪いことに思えたとしても。